FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY フルオートレコードプレーヤー PS-FL99の修理

久しぶりの更新です。
2年前にSONYのフルオートレコードPS-FL99を入手していました。
動作しないということでした。
今回電源を入れてみたところ、フロントローディング機構は動作しました。
ターンテーブルも回転します。

ところがアームがまったく動きません。ベルトが緩んでいるというような感じではなく、
モータがまったく回転していません。

P1060425_convert_20161220125733.jpg

結局、裏蓋をはずして基板をチェックしました。
アーム移動用のモータに接続されている基板上には2SA1048が3個取り付けてありました。
昔の機器はトランジスタかコンデンサの故障が多いので、3つとも上位互換の2SA1015に取り替えてみました。

P1060428_convert_20161220125910.jpg

取り替えて、動作チェックをすると、まさに「ビンゴ!!」です。
アームが動作するようになりました。
こんなに早く直るとは思っても見ませんでしたので、中の写真を撮るのも忘れていました。

P1060427_convert_20161220125835.jpg

このプレーヤーはアナログレコードをCDのようにして使えます。skipボタンで次の曲にも飛べます。
このころのSONYは本当にすごいと思います。
音質もなかなかですし、フロントローディングなので、ラックの上部が狭くても置けます。

このころのオーディオ機器は捨てないで大事にしておいたほうがいいと思います。
まさに技術の結晶という感じで動作を見ているとちょっと感動しました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こうちゃん345

Author:こうちゃん345
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。